ドゥオーモの見どころを調査!イタリアミラノの名所!入場料は?

2017年8月8日 (2019年9月12日最終更新)

ドゥオーモ(Duomo)はイタリア語で、その街を代表する大聖堂ですが、通常"ドゥオーモ"と言えばイタリアのミラノにある大聖堂のことでしょう。こちらではそんなミラノの大聖堂の見所をたっぷりと、入場料などの情報を交えてご紹介します。

目次

  1. "ドゥオーモ"と言えばミラノの大聖堂!
  2. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!①歴史
  3. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!②規模
  4. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!③建築の特徴
  5. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!④広場
  6. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑤ファサード
  7. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑥内部
  8. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑦屋上
  9. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑧地下礼拝堂
  10. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑨チケット情報
  11. "ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑩オーディオガイドと写真撮影
  12. "ドゥオーモ"は必見のイタリアの聖地

"ドゥオーモ"と言えばミラノの大聖堂!

20766552 161062657792368 6392356837756239872 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kya_arwen

"ドゥオーモ"といえばその街を代表する大聖堂のことです。イタリアには各地にこのドゥオーモが存在しますが、その中でもその建築方式や規模などにおいても有名で"ドゥオーモ"の代名詞として観光名所となっているのがミラノの大聖堂"ドゥオーモ"です。こちらではミラノのドゥオーモの魅力についてご紹介します。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!①歴史

ミラノのドゥオーモ始まりは"サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂"に置かれた"基礎なる石"でした。1386年に大司教アントーニオ・ダ・サルッツォとミラノの領主によりその石が置かれてから500年後、宗教改革などの時代を超えて、ナポレオンにより1813年に完成しました。

20759463 400587253677019 4174634213720457216 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
gusto.living

フランスの資金で完成したドゥオーモは19世紀に尖塔やステンドクラスなどの装飾がなされ、20世紀になると戦火に脅かされますが、爆撃を逃れ、木製だった扉が青銅製に変えられて現在の形になります。また、長年排気ガスにさらされ黒ずんだ外壁は2004年から4年の歳月をかけ白く改修され、ドゥオーモの荘厳な美しさを取り戻しています。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!②規模

20635451 327690120989061 5566095414513369088 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ariastonegallery

大理石でできたドゥオーモの全長は158m、幅93m、高さ108mで世界最大級のゴシック様式の建築です。ちなみにドゥオーモの建築材料の大理石ですが、イタリアはローマの時代から大理石をアルプス山脈から切り出し、建築材料として使用していました。

20634789 1230849423693670 7667748351261016064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
eirik_andreassen

石切り場から山の斜面をそのまま滑らせたり、木製のそりを使い移動させたりしていました。これらの方法は第二次世界大戦後まで続いたそうですので、当時は建築するもの大変ですが、材料を運ぶのも大変な労力を要したと想像できます。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!③建築の特徴

ミラノのドゥオーモはゴシック様式の代表的な建物です。ゴシック様式はもともとフランス発祥の建築方法で12世紀から15世紀末頃の時代フランスからヨーロッパ各地に広がりました。天空にまっすぐと伸びた尖塔(小さな塔)と尖塔アーチ(アーチの頭がとがったもの)、そして飛び梁などが特徴です。

ミラノのドゥオーモには135本もの尖塔があり、その一本一本の先には聖人たちの姿が繊細に彫刻されており、尖塔アーチにより力学的により天井の高い空間を作ることができました。さらに尖塔アーチだけでは耐えきれない外に広がる力を飛び梁により支えることで薄い壁、高い天井、細い柱、大きな窓などを実現しました。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!④広場

イタリア・ミラノのドゥオーモをより壮大なイメージにしているのはドゥオーモの前に広がる広場の存在も大きいでしょう。この広場は"大聖堂広場"とか"ドゥオーモ広場"などと呼ばれ、ミラノの観光名所となっていいます。

20759831 264499210710125 6807000694273343488 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
23albert84

広場の面積は約17000平方メートル、文化、芸術、商業の中心でもあるこの広場は多数の観光名所に面しており、地元の人々や観光客などの待ち合わせ場所としての名所でもありますが、ともにスリなどの被害も多い場所ですので、観光する場合は十分に注意しましょう。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑤ファサード

16788420 2222412267984756 2366082459570798592 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
stelladrusko

ミラノのドゥオーモのファサード(建物の正面)には5つの青銅製の扉があり、真ん中の一番大きな扉には聖母マリアの生涯、新約聖書、キリストが捕まる様子などが描かれており、その上部にはイヴの創造が描かれています。その様子はまるで物語を見ているような美しさです。

20759988 337962583293896 9118218129208508416 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
giovannidarco_

このファサードには何人もの芸術家や建築家がその英知を結集したもので、何度もデザインの変更や修復が行われましたが、現在の見られるものはナポレオンが決定したデザインだそうです。広場から外観を見るだけでもその華やかで宗教的な芸術作品ともいうべきファサードは印象的なものです。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑥内部

20633456 1448543938572244 2403039622360727552 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yk_cafestagram

内部に入るためにはセキュリティーチェックがあり、大きな荷物は持ち込みできませんが、預けることはできます。また、観光名所といえども寺院ですので服装には配慮しましょう。夏などでも、男性の帽子(女性の帽子はOK)、タンクトップやサンダル、ミニスカートなどあまり露出の多い服装は入場できない場合もあります。注意しましょう。

内部に入ると華やかな外観とは打って変わって静かで荘厳な雰囲気が広がっています。ドゥオーモは5つの身廊と、翼廊、後陣による構成で、主祭壇は、「基礎なる石」が置かれたサンタ・マリア・マッジョーレ教会時代の物で主祭壇上部のランプにはキリストが磔にされた時の釘が収められているそうです。細かい彫刻がなされた52本の巨大な柱と高い天井は圧巻です。

20837458 503918753293279 3071802224037330944 n
misterjthompson

また、ゴシック様式により可能になった大きな窓(ステンドグラス)からは鮮やかで優しい光が差し込み、心が穏やかになります。ステンドグラスには新約聖書、旧約聖書、黙示録などからキリストや聖母マリアなどに関する物語が描かれています。

また内部の装飾は彫刻やステンドグラスだけでなく、絵画の数々も展示されています。また、回廊の側面にドゥオーモの建築に貢献した聖人たちのミイラ(ご遺体)が飾られています。イタリアでは聖人の遺体を祈りの対象として教会で祀ることがよくあります。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑦屋上

ミラノのドゥオーモは屋上に上がることも可能です。階段で上がる場合とエレベーターで上がる場合と入場料が微妙に違うのですが、体力と時間の節約のためにはエレベーターをおすすめします。また、ドゥオーモは大理石でできているため、雨などが降ると滑って危険ですので気を付けましょう。

20687267 1477638882354204 1666770958108590080 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_superv_

屋上テラスに上がると135本の尖塔とその先に彫刻されている聖人の姿を間近に見ることができます。間近でみるとその技術の素晴らしさと、これを仕上げた職人たちの執念を感じ、この建物を大切にしてきたイタリア人の誇りも感じます。

20688671 265982493886943 5287684123874295808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
pinvidia

中央の一番高い尖塔には黄金のマリア像が鎮座しています。実はこの中央の尖塔のデザインはかのレオナルドダヴィンチも応募したそうですが落選したそうです。それほどの高い芸術レベルを求められたこのマリア像はミラノをの街を見守るように立っており、これよりも高い建物を作ってはいけないという法律があったほどでした。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑧地下礼拝堂

19367082 457514001282838 9203623193112215552 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yukinakajima1

ドゥオーモは祭壇の地下を見ることができます。祭壇の地下には聖カルロ(Carlo)の小礼拝堂(スクローロ)と宝物庫があります。またミラノのドゥオーモにはにはミラノの2人の守護聖人のうちの1人である聖カルロ(Carlo)が祀られています。

またドゥオーモの地下には紀元4世紀ごろに存在したはサンタ・テクラ教会という教会の遺跡である洗礼堂跡が大聖堂広場の地下に発見されました。現在ではドゥオーモ内部から地下に降りると広い地下内部に、洗礼堂やモザイクの床が残っています。多くの観光客が行きかうイタリアの都会の地下に2000年近く前の遺跡があるのは驚きですが、この地が由緒ある聖地であるということを感じます。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑨チケット情報

チケット売り場は数か所あります。行列ができていますが個人であればそんなに待つことはないでしょう。ただし、入場までに時間がかかりますのでスケジュールには余裕を持ってお越しください。チケット売り場はドゥオーモ周辺に4か所あり、一番早いところは朝8時から営業しています。夜は午後6時までです。ドゥオーモ自体の観覧可能時間は朝8時からで、最終入館時間は午後6時頃、閉館時間は午後7時となっています。

ドゥオーモへの入場料は2ユーロですが、そのほかに2種類ほどチケットがあります。おすすめはドゥオーモパス(A)で、屋上テラス(エレベーター)、ドゥオーモ大聖堂、博物館、サンジョヴァンニ・アッレ・フォンディー洗礼堂、サン・ゴッタルド教会への入場料が含まれており、館内撮影もできるチケットで、15ユーロです。小学生未満は入場料無料です。ドゥオーモパス(B)は11ユーロですが屋上へは階段を使うことになります。

20686954 1963492080563962 6662257856856719360 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
gomangoku

でも、どうしても「並びたくない!効率的に観光がしたい!」という場合には各旅行会社から出ているオプショナルツアーに参加して"優先入場"をしましょう。ガイド(英語)がついて8000円ほどですので、かなり割高ですが、時間を優先したい場合や、「せっかくミラノに来たのだから、ドゥオーモをくまなく観たい!」という人にはおすすめです。地下を回らないものであれば4000円ほどでもツアーがあるようです。

"ドゥオーモ"の見所徹底調査!⑩オーディオガイドと写真撮影

観光名所ですので、オーディオガイドもあります。日本語は5ユーロで借りることができます。また、通常の入場料(2ユーロ)だとスマホ以外のカメラでの撮影をすることができません。撮影料として入場料の他にさらに2ユーロ支払わなくてはいけませんのでご注意ください。ドゥオーモパスを持っている場合は撮影料は含まれています。

"ドゥオーモ"は必見のイタリアの聖地

20688482 1363546120361403 6062236872472526848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
cc0916dd

いかがでしょうか。500年という途方もない歳月をかけて完成したドゥオーモは何人もの賢人、聖人たちの英知の集結、そして執念の傑作ともいえるでしょう。観光名所としては必ず押さえておきたいところですが、2000年近く前より脈々と続く聖地でもあります。少々敬虔な気持ちで観光したいですね。

4165d2f626351bdda3000cc47c6d185d mイタリア・ミラノ観光で外せないスポットを厳選!ドゥオーモは名所! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ミラノはイタリアで首都ローマに続く2番目の大都市でイタリアの商業、工業、金融の中心であり、フ...
Photo 1476362174823 3a23f4aa6d76?1500685166イタリアの観光地20選!名所として外せないスポットが満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ローマ帝国から中世都市国家と歴史あるイタリアには旅行で訪れたい多くの観光地や名所である建物が...

関連記事

関連するキーワード

1244.thumb
この記事のライター
akkey
独身アラフォー女子!趣味は海外旅行!現地で知ったお得な情報・美味しい情報をお届けします。

イタリア全都市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

イタリア全都市の新着のまとめ