5月の沖縄の楽しみ方をチェック!気候や服装・イベント情報もご紹介!

5月の沖縄の楽しみ方をチェック!気候や服装・イベント情報もご紹介!

5月の沖縄は徐々に気温も上がり、海水浴やマリンスポーツも楽しむことができる時期です。他の地域より暖かいので現地の気候に合わせた服装選びをする必要があります。ここでは5月の沖縄の気温やおすすめの服装、イベント情報などをまとめてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.5月の沖縄は楽しみ方いろいろ
  2. 2.5月の沖縄旅行に役立つ情報をご紹介!
  3. 3.沖縄の5月の気候
  4. 4.5月の沖縄旅行の服装
  5. 5.5月の沖縄の海の楽しみ方
  6. 6.沖縄の5月のおすすめイベント
  7. 7.5月の沖縄旅行の費用
  8. 8.5月の沖縄旅行を満喫しよう!

5月の沖縄は楽しみ方いろいろ

Photo by Takayukix

5月というとまだ春の陽気で肌寒い日も多いというイメージですが、沖縄ではすでに夏のような暑さになる日もあります。天気の良い日に海で海水浴やマリンスポーツを楽しんだり、いち早く夏を感じられるイベントに参加してみたりと楽しみ方は様々です。真夏日になることは少ないのでのんびりと街歩きを楽しむのもいいでしょう。

そこで5月の沖縄旅行の楽しみ方を特集します。5月の沖縄の気候や服装、イベント情報もご紹介します。

5月の沖縄旅行に役立つ情報をご紹介!

Photo bytookapic

大型連休のGWもあり、多くの観光客が訪れる5月の沖縄。他の地域に比べて温暖という特徴があるので、旅行準備の際は服装や持ち物などに少し注意が必要です。5月の沖縄旅行の準備に役立つ気候や服装、おすすめのイベント情報などをまとめてご紹介していくので是非参考にしてください。

5月の沖縄の気候やおすすめの服装もチェック!

Photo by くーさん

沖縄旅行の準備をする際に気になることは、現地の気候や服装ではないでしょうか。沖縄は亜熱帯気候で、日本の他の地域とは違った特徴があります。暖かいことは知っているけれど、どれくらい暖かいのか?海で遊べるのか?など気になるところです。

沖縄は気温や梅雨の時期などが大きく変わるので、現地で快適に過ごせるよう服装や持ち物を考えましょう。

沖縄の5月の気候

Photo by くーさん

沖縄は亜熱帯気候に属しており、高温多湿で年間の降雨量が200ミリを超えるという特徴があります。年間を通して温暖で、夏は暑いものの最高気温が35℃を超える猛暑日は少なく、冬も寒すぎず過ごしやすいです。そんな沖縄の5月は気温が徐々に上がっていき、早くも夏を感じられる気候になります。5月の気温や天候の特徴を詳しくみていきましょう。

沖縄の5月の気温

Photo byfujikama

4月はまだ肌寒い日もある沖縄でも、5月になるとぐんぐんと気温が上がっていきます。東京の5月の平均最低気温が16℃なのに対し、沖縄は22〜23℃と高く、朝晩に肌寒いと感じる日はほとんどありません。5月の沖縄の平均気温は24℃、最高気温は27℃ほどでこれは東京の7月頃の気温に相当します。

沖縄の5月の天候

Photo by inunami

5月の沖縄は、全体的に湿度が高めで80%を超える日もあります。晴れの日は少なく、空全体に雲がかかる日が多いですが紫外線が強いので、日焼け止めや日傘など紫外線対策が必要です。6月下旬までこのようなモヤっとした天気が続きますが、時折顔を見せる太陽は真夏を感じさせる暑さがあり、南国らしい雰囲気を楽しめます。

沖縄の梅雨入りはいつ?

Photo by Kentaro Ohno

沖縄の梅雨入りは東京よりも早く、GW開けから5月中旬頃となることが多いです。2018年の梅雨は5月9日から6月23日、2019年は5月16日から6月29日でした。

梅雨の期間は約30〜40日間ですが、1日中雨が降るということは少なく短時間で一気に降って止むので、雨が降ってきたときはお店やカフェなどで雨宿りして止むのを待つといいでしょう。

沖縄の梅雨入り・明けの時期を知って旅行を満喫しよう!おすすめの過ごし方も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄の梅雨入り・明けの時期を知って旅行を満喫しよう!おすすめの過ごし方も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄旅行を計画する時に気になるものの1つが梅雨です。沖縄の観光は外で楽しむものが多いので、梅雨がいつごろで、どんな感じなのかを知っておくことは計画する上で重要です。そこで沖縄の梅雨の状況やおすすめプランについて紹介します。

5月の沖縄旅行の服装

Photo by alexagorn

沖縄の5月は曇り空でも他の地域に比べると紫外線が強く、対策が必要です。5月には夏の定番である「かりゆしウェア」を着る人も増えてきて、足元も短パンにサンダルといったように夏の装いが多く見られます。湿度も高いので通気性の良い服装がおすすめです。

室内は冷房が効いていて寒いこともあるので薄手の長袖も持って行ってください。海水浴やマリンスポーツを楽しむ場合は、上がった時に寒く感じることもあるので長袖のラッシュガードやタオルで冷えないようにしましょう。

女性のおすすめの服装

Photo byNietjuh

5月の沖縄で女性におすすめの服装は、通気性の良い半袖シャツに薄手のデニムやコットン生地のボトムスです。急なスコールにあうこともあるので、ロングスカートや乾きにくい靴などは避けた方がいいでしょう。紫外線対策に帽子やサングラス、晴雨兼用傘もあると便利です。

お店やホテル内などは冷房が効いており、外との気温差が大きいので冷え性の方は特に寒さ対策の羽織ものもお忘れなく。薄手のカーディガンやストールをカバンに入れておくことをおすすめします。

男性のおすすめの服装

Photo bykaboompics

5月の沖縄旅行で男性におすすめの服装は、半袖のシャツです。沖縄らしく現地でかりゆしウェアやアロハシャツを調達して着るのもいいでしょう。暑い日もあるのでボトムスは薄手のデニムやコットン生地の短パン、足元は歩いても疲れにくいスポーツサンダルがおすすめです。

紫外線対策にはサングラスやキャップ、急な雨にはカッパや折りたたみ傘を持っておくと重宝します。沖縄らしいカラフルなシャツは、自分へのお土産にして旅の思い出にしてはいかがでしょうか。

5月の沖縄の海の楽しみ方

沖縄は5月になると水温が安定して20度を超えてきます。暖かい日には水温が25度近くにまでなり、寒さを感じることなく海水浴を楽しめる日も。天気は曇りがちですが、晴れ間を狙って海遊びやマリンスポーツを楽しんでください。カヤックやグラスボートなど海に入らずに楽しめるアクティビティもあるので自分に合ったものをみつけましょう。

5月の沖縄の海の様子

5月の沖縄の海の平均水温は24℃で、海水浴も楽しめますが海から上がると寒く感じることもあるのでラッシュガードなどで体が冷えないようにしてください。水着では少し寒くても、体が覆われるボディスーツを着用して行うシュノーケリングやダイビングはこの時期から多くの人が楽しんでいます。

シュノーケリング体験

気軽に体験でき、沖縄のきれいな海の世界を見ることができるシュノーケリングは子どもから大人まで人気の高いアクティビティです。透明度の高い沖縄の海で行うシュノーケリングは視界が良好で、カラフルな魚たちや美しいサンゴ礁など見どころがたくさんあります。

雨の日でもシュノーケリングを楽しみたいという方には、真栄田岬にある「青の洞窟」がおすすめです。このスポットは天気が悪い日に洞窟内の青さが増すと言われています。

カヌー・カヤック体験

泳ぐのは苦手という方は、カヌーやカヤックで沖縄の海やマングローブを楽しむのもおすすめです。カヤックの底が透明になっているクリアカヤックやカヤックに乗りながら海に沈む夕日を眺めるサンセットカヤックなど様々なツアーがあります。体力が入りますが、その分達成感があり海やマングローブを間近で見学できるのが魅力です。

沖縄の海をグラスボートで水中観光しよう!人気スポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄の海をグラスボートで水中観光しよう!人気スポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄は、透明度の高さも世界屈指の大海原が広がっています。グラスボートは、水着に着替えなくてもグラスボートの上から水中を眺めることができます。小さなお子様にも水中観光を楽しんで頂ける人気のアクティビティです。沖縄のおすすめなグラスボートツアーをご紹介します。

沖縄の5月のおすすめイベント

Photo by Panda Fotos

沖縄の5月はGW期間を中心に様々なイベントが開催されます。有名な那覇ハーリーの他、海風を感じながら楽しめるミュージックイベントもチェックしておきたいところです。旅行期間にあるイベント情報を調べて、沖縄での滞在をより充実してものにしましょう!5月の沖縄のおすすめイベントを厳選して3つご紹介します。

鳩間島音楽祭(会場:鳩間島野外ステージ)

鳩間島公民館前野外ステージで毎年GW中に開催される「鳩間島音楽祭」は、2020年には23回目となります。普段は人口約50人ほどの小さな島に約1400人もの人が集まり、民謡やフォークなど様々なジャンルの音楽を楽しむという人気イベントです。イベントの前後にはのんびりとしてどこか懐かしい雰囲気の島の散策をお楽しみください。

那覇ハーリー(会場:那覇新港埠頭)

沖縄の一大イベントのひとつ「那覇ハーリー」は、爬竜船(はりゅうせん)によるレースを中心としたお祭りです。沖縄各地で行われるハーリーは5月末から6月中旬に行われることが多いですが、那覇ハーリーはGW中に開催されるので、全国各地から多くの観光客が訪れ大いに盛り上がります。

那覇ハーリーの会場にはイベントステージや屋台などもあり、レース観戦以外にも様々な楽しみ方ができます。3日間に渡る那覇ハーリーのイベント中日には「ハーリーの一般体験乗船」もあり、無料で体験可能です。夜には打ち上げ花火が上がり、他の地域に先駆けて5月に早めの夏祭り気分を楽しめます。

宮古島ミュージックコンベンション(会場:トゥリバービーチ特設会場)

旅行先として人気の高い宮古島で開催される「宮古島ミュージックコンベンション」。2019年9月の開催日が2020年5月に延期されたため、5月に沖縄旅行に行く方はラッキーです。

日程は5月29〜31日の3日間で、昼の部は「JTAドーム宮古島」、夜の部は「宮古島の複数のライブハウス」で行われます。行き来自由のサーキットセッションイベントなのでライブハウスを巡って音楽を楽しみましょう。

GWは沖縄旅行で決まり!口コミの評価が高い人気スポットまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
GWは沖縄旅行で決まり!口コミの評価が高い人気スポットまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
きれいな海、すがすがしい空気を堪能できる沖縄は、GWに行きたい場所ランキングで常に上位に入る人気者です。待ちに待ったGWを満喫するには、やはり開放感たっぷりの沖縄に行かなくては!何度行っても魅力満載の沖縄で、日ごろの喧騒を忘れてGWを満喫しましょう。

5月の沖縄旅行の費用

Photo by Hyougushi

5月に沖縄に行く際の旅行費用は、2泊3日の場合1人約3〜15万円ほどです。旅行時期やホテルのランク、現地アクティビティなどの選択肢が豊富にあるため、これだけ旅費に差があります。GWには多くの人が旅行を計画するため、航空券代が通常の2倍になることも。

一方、5月の連休でない平日のツアーは、2泊3日で3〜5万円ほどでお得に楽しむことができます。それでも旅行間際の予約では航空券代やホテル代が上がることが多いので、5月の予定が決まり次第早めに予約するようにしましょう。

GW明けが年間で旅行費が最も安い狙い目期間!

GW明けの沖縄は梅雨入りする可能性が高いということもあり、旅行費用が年間でもっとも安くなります。6月以降は海水浴シーズンにもなるのでまた徐々に旅行費用が上がってくるので、とにかく安く沖縄旅行に行きたい場合は5月がチャンスです。

5月は台風が上陸する確率はとても低いため、あまり心配はいりません。梅雨の雨や紫外線対策をしっかりしてお得で楽しい旅にしましょう。

5月の沖縄旅行を満喫しよう!

Photo byauntmasako

5月の沖縄旅行に役立つ情報をご紹介してきましたが、いかがでしたか?沖縄では5月になると気温がぐんぐんと上がり、海水浴やマリンスポーツも楽しめます。GW明けの旅費は非常に安くすみ、梅雨入りしても1日中雨が降る日は少ないので、安く旅行したい方におすすめです。紫外線や雨対策を考えた服装をして、快適に旅行を楽しんできてください。

YS
ライター

YS

国内外問わず旅行が大好きです!休みを見つけてはどこに行こうか考え、現地のグルメも満喫したいのでよく下調べをして出かけています。みなさんが出かけたくなるような魅力的な情報を発信していきたいと思います!

関連記事

人気記事ランキング